「ひ」から始まる三国志の登場・関連人物一覧

こちらには費氏(ひし)や麋氏(びし)などが含まれます。

左から吉川『三国志』『三国志演義』正史『三国志』の登場状況、姓名などの順。
吉川『三国志』『三国志演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
正史『三国志』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ひ」から始まる収録人物は57名

000 000 1 比干(ひかん) ※殷(いん)の紂王(ちゅうおう)の叔父。
000 000 1 皮初(ひしょ)
000 000 1 否(ひ) ※朝鮮王(ちょうせんおう)。準(じゅん)の父。
000 000 1 尾生(びせい)
000 000 2 披(ひ)
000 000 1 弥加(びか) ※鮮卑(せんぴ)の大人(たいじん)。
000 000 1 邳肜(ひゆう)
000 106 1 卑衍(ひえん)
000 000 1 卑湛(ひたん)
000 000 1 卑弥弓呼(ひみここ) ※狗奴国(くぬこく)の王。男性。

000 000 1 卑弥呼(ひみこ) ※俾弥呼ともある。倭(わ)の女王。
276 065 1 費禕(ひい) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも費褘(ひい)とある。
203 064 1 費観(ひかん)
000 000 1 費恭(ひきょう)
000 000 1 費桟(ひさん) ※費桟(ふつせん)と読んでいたケースもあったが、ここは「ひさん」と読む。
000 000 1 費氏(ひし) ※劉璿(りゅうせん)の妃。費禕の娘。
204 065 1 費詩(ひし)
000 000 1 費承(ひしょう)
000 000 1 費斉(ひせい)
000 000 1 費伯仁(ひはくじん)

000 000 1 費無極(ひぶきょく)
000 000 1 費楊(ひよう)
000 000 1 費瑶(ひよう) ※費繇ともある。
289 097 1 費曜(ひよう) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも費耀とある。
000 000 1 費立(ひりゅう)
000 030 1 微子(びし) ※殷の紂王の兄。
000 000 1 裨諶(ひしん)
000 000 1 裨竈(ひそう)
000 000 1 麋威(びい)
003 014 1 麋氏(びし) ※蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の側室? 麋夫人(びふじん)。吉川『三国志』、『三国志演義』とも糜を用いている。

麋氏についての補足。吉川『三国志』では鴻芙蓉(こうふよう)、白芙蓉(はくふよう)、糜氏、糜夫人が同一人物という設定(たぶんオリジナル)になっている。

043 011 1 麋竺(びじく) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも糜竺とある。
000 000 1 麋照(びしょう)
071 018 1 麋芳(びほう) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも糜芳とある。
000 000 1 靡(び)
000 106 1 畢軌(ひつき)
000 000 1 畢公(ひつこう) ※周(しゅう)の武王(ぶおう)の弟。
000 000 1 畢子礼(ひつしれい)
000 000 1 畢諶(ひつしん)
000 000 1 畢瑜(ひつゆ)
000 000 1 百里奚(ひゃくりけい) ※春秋(しゅんじゅう)時代、秦(しん)に仕えた賢者。

000 000 1 繆禕(びゅうい)
000 000 1 繆胤(びゅういん)
000 000 1 繆悦(びゅうえつ)
000 000 1 繆襲(びゅうしゅう)
000 000 1 繆尚(びゅうしょう)
000 000 1 繆紹(びゅうしょう)
000 000 1 繆徴(びゅうちょう)
000 000 1 繆播(びゅうは)
000 000 1 繆斐(びゅうひ)
181 057 0 苗沢(びょうたく)

000 000 1 斉の閔王(せいのびんおう)
000 000 1 魯の閔公(ろのびんこう)
019 003 1 閔貢(びんこう)
000 000 1 閔子騫(びんしけん) ※閔損(びんそん)ともある。孔子(こうし)の弟子。孝行をもって有名。
000 007 1 閔純(びんじゅん) ※『三国志演義』では関純(かんじゅん)とある。
000 000 1 閔馬父(びんばほ) ※春秋時代の魯(ろ)の大夫(たいふ)。
000 000 1 愍懐太子(びんかいたいし)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物一覧 は行
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました