「か」から始まる三国志の登場・関連人物一覧(2)

こちらには桓氏(かんし)・関氏(かんし)・韓氏(かんし)などが含まれます。

左から『吉川版』『演義』『正史』の登場状況、姓名などの順。
『吉川版』『演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
『正史』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

「か」から始まる収録人物(2)は200名

263 087 0 鄂煥(がくかん)
000 000 1 鄂邑蓋主(がくゆうがいしゅ) ※「蓋公主(がいこうしゅ)」ともある。前漢(ぜんかん)の昭帝(しょうてい)の姉。
000 000 1 楽隠(がくいん)
000 000 1 楽何当(がくかとう) ※公孫瓚(こうそんさん)が義兄弟の契りを結んだ人物のひとり。商人。
129 036 1 楽毅(がくき)
000 000 1 楽莒(がくきょ)
000 000 1 楽広(がくこう)
000 000 1 楽資(がくし) ※『山陽公載記(さんようこうさいき)』の撰者(せんじゃ)。
066 017 1 楽就(がくしゅう)
000 000 1 楽詳(がくしょう)

025 005 1 楽進(がくしん)
000 000 1 楽肇(がくちょう)
000 000 1 楽敦(がくとん)
000 000 1 楽方(がくほう)
000 000 1 楽羊(がくよう)
290 098 1 楽綝(がくりん)
000 000 1 赫胥(かくしょ)
000 000 1 虢叔(かくしゅく) ※周(しゅう)の文王(ぶんおう)の弟。
000 000 1 虢仲(かくちゅう) ※周の文王の弟。
000 000 1 霍禹(かくう)

000 072 1 霍去病(かくきょへい)
000 000 1 霍顕(かくけん)
000 003 1 霍光(かくこう)
000 000 1 霍叔(かくしゅく)
197 062 1 霍峻(かくしゅん)
000 000 1 霍性(かくせい)
000 000 1 霍奴(かくど)
000 000 1 霍篤(かくとく)
000 000 1 霍彪(かくひゅう)
000 119 1 霍弋(かくよく) ※『演義』では「霍戈(かくか)」とある。

000 000 1 葛嬰(かつえい)
000 000 1 葛奚(かつけい)
000 000 1 葛光(かつこう)
000 000 1 葛洪(かつこう) ※『神仙伝(しんせんでん)』『抱朴子(ほうぼくし)』の撰者。
000 000 1 葛衡(かつこう) ※「渾天儀(こんてんぎ。天球儀)」を作った人物。
000 000 1 葛青(かつせい) ※馬の鑑定の名人。
000 000 1 葛仙公(かつせんこう) ※仙人?
000 000 1 葛都尉(かつとい)
000 110 0 葛雍(かつよう)
000 000 1 葛盧(かつろ) ※牛の鳴き声を聞き分けることができたという人物。

000 113 0 干休(かんきゅう)
000 000 1 干宝(かんぽう) ※『捜神記(そうじんき)』や『晋紀(しんき)』の撰者。
000 000 1 毌丘奥(かんきゅうおう)
000 000 1 毌丘毅(かんきゅうき)
000 105 1 毌丘倹(かんきゅうけん)
000 000 1 毌丘秀(かんきゅうしゅう)
000 000 1 毌丘重(かんきゅうじゅう)
000 000 1 毌丘興(かんきゅうこう)
000 000 1 毌丘宗(かんきゅうそう)
000 110 1 毌丘甸(かんきゅうでん)

000 000 1 甘瓌(かんかい)
000 000 1 甘公(かんこう)A ※後漢(ごかん)時代の蒼梧太守(そうごたいしゅ)。
000 000 1 甘公(かんこう)B ※戦国(せんごく)時代の人。天文占いの名手。
001 000 0 甘洪(かんこう)
053 014 1 甘氏(かんし) ※蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の側室。昭烈皇后(しょうれつこうごう)。
000 000 1 甘始(かんし) ※「行気(こうき。呼吸術)」に巧みだったという方士(ほうし)。
135 038 1 甘寧(かんねい)
000 000 1 甘羅(かんら)
000 000 1 甘醴(かんれい)
000 000 1 汗漫(かんまん) ※神様?

000 000 1 汗盧(かんろ) ※右北平(ゆうほくへい)の率衆王(そっしゅうおう)。
220 071 1 邯鄲淳(かんたんじゅん)
000 000 1 邯鄲商(かんたんしょう)
000 000 1 桓威(かんい)
000 113 1 桓彝(かんい)
000 000 1 桓焉(かんえん)
000 000 1 桓温(かんおん)
000 108 1 桓嘉(かんか)
034 007 1 桓階(かんかい)
000 000 1 桓禺(かんぐう)

000 000 1 桓元将(かんげんしょう)
000 000 1 桓儼(かんげん)
129 029 1 斉の桓公(せいのかんこう)
000 000 1 魯の桓公(ろのかんこう) ※魯の隠公(いんこう)の弟。
000 000 1 桓纂(かんさん)
000 000 1 桓隰(かんしゅう)
000 000 1 桓邵(かんしょう)
000 000 1 桓勝(かんしょう)
000 000 1 桓魋(かんたい)
000 000 1 桓譚(かんたん) ※『新論(しんろん)』の撰者。音楽の名手でもあった。

000 000 1 桓治(かんち)
000 000 1 桓超(かんちょう)
002 001 1 漢の桓帝(かんのかんてい)
000 000 1 桓発(かんはつ)
000 106 1 桓範(かんはん)
000 107 1 桓範の息子(かんはんのむすこ)
000 000 1 桓祐(かんゆう)
000 000 1 桓翊(かんよく)
000 000 1 桓慮(かんりょ)
000 000 1 桓陵(かんりょう)

000 000 1 桓鄰(かんりん)
000 000 1 寒浞(かんさく) ※澆(ぎょう)やキ(豕+壹)の父。
000 000 1 寒風(かんぷう) ※馬の鑑定の名人。
000 011 1 管亥(かんがい)
000 000 1 管季儒(かんきじゅ)
000 000 1 管彦(かんげん)
000 000 1 管孝国(かんこうこく)
000 000 1 管貢(かんこう)
000 000 1 管叔(かんしゅく) ※「管公(かんこう)」ともある。周公(しゅうこう。周公旦〈しゅうこうたん〉)の弟。
000 000 1 管少卿(かんしょうけい) ※管寧(かんねい)の遠祖。

000 000 1 管承(かんしょう) ※海賊。
000 000 1 管辰(かんしん)
106 036 1 管仲(かんちゅう)
000 000 1 管統(かんとう)
000 000 1 管篤(かんとく)
000 066 1 管寧(かんねい)
000 000 1 管邈(かんばく)
000 000 1 管馥(かんふく)
214 069 1 管輅(かんろ)
000 069 1 管輅の父(かんろのちち)

000 119 1 関彝(かんい)
006 001 1 関羽(かんう)
229 074 1 関興(かんこう)
263 087 0 関索(かんさく)
225 073 0 関氏(かんし) ※関羽の娘。
000 000 1 関靖(かんせい)
111 028 0 関定(かんてい)
000 000 1 関統(かんとう)
111 028 0 関寧(かんねい)
111 028 1 関平(かんぺい)

000 000 1 関龍逢(かんりょうほう)
000 000 1 環氏(かんし) ※魏(ぎ)の曹操(そうそう)の側室。環夫人。
000 000 1 環済(かんせい) ※『呉紀(ごき)』の撰者。
000 000 1 韓哀(かんあい)
000 000 1 韓晏(かんあん)
061 016 1 韓胤(かんいん)
000 000 1 韓蔚(かんうつ)
000 000 1 韓栄(かんえい)
279 092 0 韓瑛(かんえい)
000 000 1 韓嬰(かんえい)

000 000 1 韓縯(かんえん)
000 000 1 韓王信(かんおうしん) ※戦国時代の韓の王族。前漢初め韓王に封ぜられた。
000 000 1 韓観(かんかん)
000 000 1 韓起(かんき)A ※公孫淵(こうそんえん)配下の将軍。
000 000 1 韓起(かんき)B ※晋(しん)の韓宣子(かんせんし)。韓無忌(かんぶき)の弟。
000 000 1 韓晞(かんき)
279 092 0 韓キ(かんき。王+其)
000 000 1 韓誼(かんぎ)
290 098 1 韓曁(かんき)
114 030 1 韓莒子(かんきょし)

279 092 0 韓瓊(かんけい)
141 041 1 韓玄(かんげん)
000 000 1 韓儼(かんげん)
000 000 1 韓呉郡(かんごぐん)
000 000 1 韓公(かんこう) ※李膺(りよう)Aのおじ。
000 000 1 韓洪(かんこう)
138 039 1 韓浩(かんこう) ※『演義』の第39回に登場する夏侯惇(かこうとん)の副将の「韓浩」と、第70回に登場する韓玄の弟の「韓浩」は別人の可能性もある。ここでは一応1枠としておく。
000 000 1 韓珩(かんこう)
000 000 1 韓国(かんこく)
000 000 1 韓士元(かんしげん)

000 000 1 韓寿(かんじゅ)
000 000 1 韓衆(かんしゅう) ※戦国時代の薬剤師。
000 000 1 韓術(かんじゅつ)
114 030 1 韓荀(かんじゅん) ※「韓シュン(荀+大)」「韓猛(かんもう)」「韓若(かんじゃく)」ともある。『吉川版』『演義』とも「韓猛」とある。
000 000 1 韓純(かんじゅん)
039 030 1 韓信(かんしん)
041 010 1 韓遂(かんすい) ※「韓約(かんやく)」ともある。
185 059 1 韓遂の父(かんすいのちち) ※『吉川版』『演義』『正史』とも、曹操と韓遂の会見の中で「曹操と同期に孝廉(こうれん)に挙げられた人物」とだけある。そのため登場した、とまでは言えないかも?
092 023 1 韓嵩(かんすう)
000 000 1 韓世雄(かんせいゆう) ※甘始(かんし)の師。

000 000 1 韓冉(かんぜん)
000 000 1 韓宣(かんせん)
048 013 1 韓暹(かんせん)
000 000 1 韓宗(かんそう)
000 108 1 韓綜(かんそう)
000 000 1 韓卓(かんたく)
012 002 0 韓忠(かんちゅう)A ※黄巾賊(こうきんぞく)。
000 000 1 韓忠(かんちゅう)B ※公孫康(こうそんこう)の配下。
000 000 1 韓肇(かんちょう)
000 094 0 韓禎(かんてい)

031 005 1 韓当(かんとう)
279 092 0 韓徳(かんとく)
000 000 1 韓範(かんはん)
000 000 1 韓非子(かんぴし)
000 000 1 韓謐(かんひつ)
000 000 1 韓斌(かんひん)
000 000 1 韓無忌(かんぶき) ※韓起Bの兄。
108 027 0 韓福(かんふく)
021 005 1 韓馥(かんふく)
000 000 1 韓扁(かんへん)

000 000 1 韓邦(かんほう)
048 013 1 韓融(かんゆう)
279 092 0 韓瑶(かんよう)
000 000 1 韓繇(かんよう)
000 000 1 韓龍(かんりょう)
000 000 1 簡位居(かんいきょ) ※夫余王(ふよおう)。尉仇台(いきゅうたい)の息子。
073 018 1 簡雍(かんよう)
000 000 1 簡?(かん?) ※蜀の劉備配下の将軍だが名は不詳。
000 000 1 観丁父(かんていほ) ※周(しゅう)の武王(ぶおう)に仕えた軍師。
090 023 1 顔回(がんかい) ※「顔淵(がんえん)」や「顔子(がんし)」ともある。孔子(こうし)の弟子。

000 000 1 顔闔(がんこう)
000 000 1 顔俊(がんしゅん)
000 000 1 顔燭(がんしょく)
000 000 1 顔斐(がんひ)
025 005 1 顔良(がんりょう)
000 000 1 顔連(がんれん)
135 038 1 闞沢(かんたく)
000 000 1 灌嬰(かんえい) ※前漢の高祖(こうそ)に仕えた朝臣。潁陰侯(えいいんこう)。もとは絹商人。
000 000 1 灌均(かんきん) ※魏の曹丕(そうひ)配下の監国謁者(かんこくえっしゃ)。
000 000 1 驩兜(かんとう) ※「四凶(しきょう)」と呼ばれた人物のひとり。堯(ぎょう)の時代の悪人。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】