あ行人物一覧

「い」から始まる三国志の登場・関連人物一覧

こちらには尹氏(いんし)・殷氏(いんし)・陰氏(いんし)などが含まれます。

左から吉川『三国志』『三国志演義』正史『三国志』の登場状況、姓名などの順。
吉川『三国志』『三国志演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
正史『三国志』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

スポンサーリンク

「い」から始まる収録人物は68名

000 000 1 伊夷模(いいぼ) ※句麗王(くりおう。高句麗王〈こうくりおう〉)の伯固(はくこ)の息子で抜奇(ばつき)の弟、位宮(いきゅう)の父
020 003 1 伊尹(いいん)
000 000 1 伊健妓妾(いけんぎしょう) ※涼州(りょうしゅう)で反乱を起こした異民族の男
000 000 1 伊氏(いし) ※舜(しゅん)の妃(きさき)
000 000 1 伊声耆(いせいぎ) ※倭(わ)の卑弥呼(ひみこ)配下の大夫(たいふ)
122 034 1 伊籍(いせき)
000 000 1 伊存(いそん) ※大月氏王(だいげっしおう)の使者
000 000 1 夷廖(いりょう)
000 000 1 位宮(いきゅう) ※高句驪王(こうくりおう。高句麗王)、伊夷模の息子
000 000 1 位居(いきょ) ※夫余王(ふよおう)の簡位居(かんいきょ)の兄の息子

000 000 1 壱与(いよ) ※倭王(わおう)、卑弥呼の親族の娘
000 000 1 依慮(いりょ) ※夫余王、麻余(まよ)の息子
000 000 1 斉の威王(せいのいおう)
000 000 1 楚の威王(そのいおう)
000 000 1 韋休甫(いきゅうほ)
215 069 1 韋晃(いこう)
186 059 1 韋康(いこう)
000 000 1 韋端(いたん)
000 000 1 韋誕(いたん)
000 000 1 韋曜(いよう) ※韋昭(いしょう)ともある

000 000 1 韋隆(いりゅう)
000 000 1 倚相(いしょう)
000 000 1 尉仇台(いきゅうだい)
000 000 1 尉佗(いた) ※尉他(いた)や趙佗(ちょうた)ともある、前漢(ぜんかん)時代の初めに南越(なんえつ)に独立国家を築いて南越武帝(なんえつぶてい)と称した
000 000 1 猗頓(いとん)
000 000 1 衛の懿公(えいのいこう)
000 000 1 育延(いくえん) ※鮮卑(せんぴ)の豪族
000 000 1 乙修(いつしゅう)
000 000 1 壱多雑(いつたぞう) ※車師後部王(しゃしこうぶおう)
000 000 1 尹異(いんい)

000 000 1 尹嘉(いんか)
119 032 1 尹楷(いんかい)
000 000 1 尹吉甫(いんきっぽ)
000 000 1 尹胡(いんこ)
000 000 1 尹氏(いんし)A ※魏(ぎ)の曹操(そうそう)の側室、尹夫人(いんふじん)。
000 000 1 尹氏(いんし)B ※大師(たいし。官名)
000 000 1 尹昌(いんしょう)
280 092 1 尹賞(いんしょう)
000 000 1 尹世(いんせい)
000 000 1 尹斉(いんせい)

000 000 1 尹宗(いんそう)
000 107 1 尹大目(いんたいもく)
000 000 1 尹模(いんぼ)
202 064 1 尹奉(いんほう)
247 080 1 尹黙(いんもく)
071 018 1 尹礼(いんれい)
000 000 1 尹盧(いんろ)
000 000 1 殷観(いんかん)
000 000 1 殷基(いんき) ※『通語(つうご)』の撰者(せんじゃ)、殷礼(いんれい)の息子で殷巨(いんきょ)・殷祐(いんゆう)の父
116 031 1 殷馗(いんき)

000 000 1 殷巨(いんきょ)
000 000 1 殷浩(いんこう)
000 000 1 殷興(いんこう)
000 080 1 殷純(いんじゅん)
000 000 1 殷署(いんしょ)
000 000 1 殷登(いんとう)
000 000 1 殷模(いんぼ)
000 000 1 殷祐(いんゆう)
000 000 1 殷礼(いんれい)
000 000 1 陰化(いんか)

000 032 1 陰夔(いんき)
000 000 1 陰氏(いんし)A ※後漢(ごかん)の光武帝(こうぶてい)の正室、明帝(めいてい)の母、光烈陰皇后(こうれついんこうごう)
000 000 1 陰氏(いんし)B ※魏の曹丕(そうひ)の側室、陰貴人(いんきじん)
000 000 1 陰脩(いんしゅう)
000 000 1 陰澹(いんたん) ※『魏紀(ぎき)』の撰者
000 000 1 陰溥(いんふ)
000 000 1 魯の隠公(ろのいんこう)
000 000 1 隠蕃(いんはん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました