「り」から始まる三国志の登場・関連人物一覧(1)

こちらには李氏(りし)や陸氏(りくし)などが含まれます。

左から吉川『三国志』『三国志演義』正史『三国志』の登場状況、姓名などの順。
吉川『三国志』『三国志演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
正史『三国志』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「り」から始まる収録人物(1)は187名

251 082 1 李異(りい)A ※呉(ご)の孫権(そんけん)配下の将軍。
000 000 1 李異(りい)B ※劉璋(りゅうしょう)配下の部将。
000 000 1 李移子(りいし) ※公孫瓚(こうそんさん)が義兄弟の契りを結んだ人物のひとり。絹商人。
000 000 1 李偉(りい)
249 081 1 李意其(りいき) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも李意とある。前漢(ぜんかん)の文帝(ぶんてい)時代の人だと言われる仙人。
000 000 1 李遺(りい)
000 000 1 李允(りいん)
000 000 1 李胤(りいん)
000 000 1 李雲(りうん)
000 000 1 李永(りえい)

000 000 1 李益(りえき)
000 000 1 李越(りえつ)
000 000 1 李延(りえん)A ※太尉府(たいいふ)の役人。
000 000 1 李延(りえん)B ※袁紹(えんしょう)配下の豫州従事(よしゅうのじゅうじ)。
000 000 1 李応(りおう)
000 000 1 李華(りか) ※魏(ぎ)の曹芳(そうほう)に仕えた女官。
191 060 1 李恢(りかい) ※あざなは徳昂(とくこう)。
000 000 1 李悝(りかい)
028 003 1 李傕(りかく)
046 013 0 李傕の妻(りかくのつま)

048 013 1 李楽(りがく)
000 000 1 李桓(りかん)
182 058 1 李堪(りかん) ※吉川『三国志』では李堪(りたん)とある。
000 000 1 李簡(りかん)
000 000 1 李基(りき)
000 000 1 李義(りぎ) ※李恢(りかい)ともある。あざなは孝懿(こうい)。
000 000 1 李休(りきゅう)
000 000 1 李求承(りきゅうしょう)
000 117 1 李球(りきゅう)
000 000 1 李業(りぎょう)

000 000 1 李玉(りぎょく)
000 000 1 李勖(りきょく) ※李勖(りぼう)と読んでいたものもあったが、ここは「りきょく」と読む。
000 000 1 李矩(りく)
000 000 1 李恵(りけい)
139 040 0 李珪(りけい)
000 000 1 李乾(りけん)
000 000 1 李権(りけん)
203 064 1 李厳(りげん) ※李平(りへい)ともある。
000 000 1 李固(りこ)A ※後漢(ごかん)の献帝(けんてい)に仕えた左中郎将(さちゅうろうしょう)。
000 000 1 李固(りこ)B ※後漢の党錮(とうこ)の人。

000 118 1 李虎(りこ)
000 000 1 李広(りこう)
000 000 1 李弘(りこう)
000 000 1 李光(りこう)A ※呉の孫休(そんきゅう)配下の部将。
000 000 1 李光(りこう)B ※李密(りみつ)の祖父。
000 000 1 李郃(りこう)
000 000 1 李興(りこう)A ※魏の曹芳配下の部将。
000 000 1 李興(りこう)B ※李安(りあん)ともある。晋(しん)の恵帝(けいてい)に仕えた太傅掾(たいふのえん)。李密の息子。
000 000 1 李衡(りこう)
000 000 1 李鴻(りこう)

058 000 1 李左車(りさしゃ) ※広武君(こうぶくん)ともある。
000 000 1 李朔(りさく)
000 000 1 李氏(りし)A ※魏の曹操(そうそう)の側室。李姫(りき)。
000 000 1 李氏(りし)B ※魏の曹丕(そうひ)の側室。李貴人(りきじん)。
000 000 1 李氏(りし)C ※魏の曹丕の側室。李夫人(りふじん)。
000 000 1 李氏(りし)D ※蜀(しょく)の劉禅(りゅうぜん)の側室。李昭儀(りしょうぎ)。
000 117 0 李氏(りし)E ※馬邈(ばばく)の妻。
227 074 0 李氏(りし)F ※龐悳(ほうとく。龐徳)の妻。
031 006 1 李斯(りし)
000 000 1 李若(りじゃく)

003 000 0 李朱氾(りしゅはん)
000 000 1 李寿(りじゅ)A ※李驤(りじょう)の息子。
000 000 1 李寿(りじゅ)B ※禄福県(ろくふくけん)の人。
020 003 0 李儒(りじゅ)
000 000 1 李脩(りしゅう)
000 000 1 李淑才(りしゅくさい)
000 000 1 李粛(りしゅく)A ※あざなは偉恭(いきょう)。
021 003 1 李粛(りしゅく)B ※後漢の献帝に仕えた騎都尉(きとい)。
000 000 1 李粛(りしゅく)C ※後漢時代の呉郡太守(ごぐんたいしゅ)。
000 000 1 李術(りじゅつ)

000 000 1 李俊(りしゅん)
181 057 0 李春香(りしゅんこう)
000 000 1 李庶(りしょ)
000 000 1 李緒(りしょ)
000 000 1 李升(りしょう)
000 000 1 李条(りじょう)
000 000 1 李尚(りしょう)
000 000 1 李邵(りしょう)A ※あざなは永南(えいなん)。李邈(りばく)や李朝(りちょう)の弟。
000 000 1 李邵(りしょう)B ※後漢時代の鉅鹿太守(きょろくのたいしゅ)。
000 000 1 李昭(りしょう)A ※魏の曹髦(そうぼう)配下の冗従僕射(じょうじゅうぼくや)。

000 000 1 李昭(りしょう)B ※荀淑(じゅんしゅく)に小役人から抜てきされた人物。
000 106 1 李勝(りしょう)
000 107 1 李韶(りしょう) ※『三国志演義』では李歆(りきん)とある。
000 000 1 李驤(りじょう)
000 000 1 李式(りしょく)
000 000 1 李仁(りじん)A ※李譔(りせん)の父。
000 000 1 李仁(りじん)B ※呉の孫晧(そんこう)配下の侍中(じちゅう)。
000 000 1 李申成(りしんせい)
000 000 1 李信(りしん)
000 000 1 李進(りしん)

000 000 2 李尋(りじん) ※前漢(ぜんかん)の哀帝(あいてい)に仕えた黄門侍郎(こうもんじろう)。
000 000 1 李鄒(りすう)
000 000 1 李生(りせい)
000 000 1 李成(りせい)
000 000 1 李盛(りせい)
000 000 1 李勢(りせい)
000 000 1 李整(りせい)
046 013 1 李暹(りせん)
278 091 1 李譔(りせん)
000 000 1 李大目(りたいもく)

000 000 1 李覃(りたん)
000 000 1 李重(りちょう)
000 000 1 李朝(りちょう)
005 000 1 李定(りてい)
000 000 1 李禎(りてい)A ※後漢の献帝に仕えた侍中(じちゅう)。
000 000 1 李禎(りてい)B ※李典(りてん)の息子。
000 000 1 李覿(りてき)
025 005 1 李典(りてん)
070 018 1 李通(りとう)A ※あざなは文達(ぶんたつ)。
000 000 1 李通(りとう)B ※晋(しん)の司馬炎(しばえん)配下の益州刺史従事(えきしゅうししじゅうじ)。

000 000 1 李通(りとう)C ※後漢の光武帝(こうぶてい)に仕えた功臣。
000 000 1 李韜(りとう)
000 000 1 李伯仁(りはくじん)
000 000 1 李邈(りばく)
000 000 1 李敏(りびん)
000 000 1 李斌(りひん)
119 032 1 李孚(りふ)
246 079 1 李伏(りふく)
000 097 1 李服(りふく)
309 104 1 李福(りふく)

000 000 1 李文(りぶん)
000 000 1 李秉(りへい)
000 116 0 李輔(りほ)A ※魏の曹奐(そうかん)配下の前将軍(ぜんしょうぐん)。 下の李輔と同一人物かもしれないので、さらなる考察を要する。
284 094 1 李輔(りほ)B ※孟達(もうたつ)配下の部将。上の李輔と同一人物かもしれないので、さらなる考察を要する。
045 011 1 李封(りほう)
000 109 1 李豊(りほう)A ※あざなは安国(あんこく)。李義(りぎ)の息子で李翼(りよく)や李偉(りい)の兄。李韜(りとう)の父。
066 017 1 李豊(りほう)B ※袁術(えんじゅつ)配下の部将。
283 094 1 李豊(りほう)C ※李厳(りげん)の息子。
000 112 0 李鵬(りほう)
169 000 1 李牧(りぼく)

000 000 1 李密(りみつ)
000 009 1 李蒙(りもう)
000 000 1 李雄(りゆう) ※晋代に蜀に拠り、30年にわたって帝号を称した人物。
000 000 1 李熊(りゆう)
000 011 1 李膺(りよう)A ※あざなは元礼(げんれい)。「八俊(はっしゅん)」と呼ばれた人物のひとり。李脩(りしゅう)の孫で李益(りえき)の息子。
000 000 1 李膺(りよう)B ※魏の曹叡配下の廬江太守(ろこうのたいしゅ)。
000 000 1 李翼(りよく)
041 010 1 李利(りり) ※『三国志演義』では李別(りべつ)とある。
000 000 1 李立(りりゅう)
000 000 1 李陵(りりょう)

000 000 1 李歴(りれき)
000 000 1 離(り) ※旄牛族(ぼうぎゅうぞく)の族長だった狼路(ろうろ)の叔父。
000 046 1 離婁(りろう) ※離朱(りしゅ)ともある。春秋(しゅんじゅう)時代の人。黄帝(こうてい)時代の人とも言われる。視力が非常に良かったという。
137 000 1 驪姫(りき) ※晋の献公(けんこう)の夫人。
000 000 1 陸晏(りくあん)
000 000 1 陸禕(りくい)
000 000 1 陸胤(りくいん)
000 083 1 陸紆(りくう)
000 000 1 陸鬱生(りくうつせい)
000 000 1 陸雲(りくうん)

000 000 1 陸叡(りくえい)
000 000 1 陸延(りくえん)
260 045 1 陸賈(りくか)
000 120 1 陸凱(りくかい)
000 000 1 陸玩(りくがん)
000 000 1 陸喜(りくき)
000 000 1 陸機(りくき) ※『晋恵帝起居注(しんけいていききょちゅう)』などの撰者(せんじゃ)。陸抗(りくこう)の息子。陸晏(りくあん)・陸景(りくけい)・陸玄(りくげん)の弟で陸雲(りくうん)や陸耽(りくたん)の兄。
000 120 1 陸景(りくけい)
000 000 1 陸玄(りくげん)
000 000 1 陸宏(りくこう)

000 119 1 陸抗(りくこう)
054 015 1 陸康(りくこう)
000 000 1 陸渾(りくこん) ※どうやら人名ではなく、地名(陸渾県)として解釈すべきのようだ。
000 000 1 陸氏(りくし) ※『異林(いりん)』の撰者。名は出てこないものの、陸雲(りくうん)の甥らしい。
000 000 1 陸終(りくしゅう) ※顓頊(せんぎょく)の4代目の子孫。陸安(りくあん。曹安〈そうあん〉)の父。
000 083 1 陸駿(りくしゅん)
000 000 1 陸尚(りくしょう)
000 000 1 陸昭(りくしょう)
000 000 1 陸式(りくしょく)
135 038 1 陸績(りくせき) ※陸勣ともある。

135 038 1 陸遜(りくそん) ※陸議(りくぎ)ともある。
000 000 1 陸耽(りくたん)
000 000 1 陸瑁(りくぼう)
000 000 1 陸曄(りくよう)
000 000 1 栗成(りつせい)
000 000 1 栗攀(りつはん)
000 000 1 柳栄(りゅうえい) ※船中で病死したが、2日後に生き返ったという人物。
000 000 1 柳遠(りゅうえん)
271 089 1 柳下恵(りゅうかけい) ※『三国志演義』では下恵とある。
000 000 1 柳毅(りゅうき)

000 000 1 柳朱(りゅうしゅ)
000 000 1 柳孚(りゅうふ)
000 106 1 柳浦(りゅうほ) ※『三国志演義』では柳甫とある。
000 108 1 留賛(りゅうさん)
000 120 1 留平(りゅうへい)
000 108 1 留略(りゅうりゃく)
000 000 1 留慮(りゅうりょ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物一覧 ら行
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました