「と」から始まる三国志の登場・関連人物一覧

こちらには杜氏(とし)や董氏(とうし)などが含まれます。

左から吉川『三国志』『三国志演義』正史『三国志』の登場状況、姓名などの順。
吉川『三国志』『三国志演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
正史『三国志』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「と」から始まる収録人物は195名

000 090 0 土安(とあん)
000 000 1 杜安(とあん)
000 102 0 杜叡(とえい)
107 027 0 杜遠(とえん)
000 000 1 杜延年(とえんねん)
000 000 1 杜乂(とがい)
000 000 1 杜会(とかい)
000 000 1 杜回(とかい)
000 000 1 杜寛(とかん)
000 000 1 杜基(とき)

278 091 1 杜祺(とき)
278 091 1 杜義(とぎ)
000 000 1 杜畿(とき)
000 000 1 杜夔(とき)
000 000 1 杜喬(ときょう)
259 080 1 杜瓊(とけい)
000 000 1 杜濩(とこ)
000 000 1 杜根(とこん)
000 000 1 杜氏(とし)A ※魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の皇后だった郭氏(かくし)Aの母。郃陽君(こうようくん)。
000 000 1 杜氏(とし)B ※魏の曹操(そうそう)の側室。杜夫人。沛王太妃(はいおうたいひ)。

000 000 1 杜摯(とし)
000 000 1 杜錫(としゃく)
000 000 1 杜周(としゅう)
206 066 1 杜襲(としゅう) ※『三国志演義』の第66回と第71回に登場する杜襲について、それぞれを別人としている文献もあった。ここでは1枠としておくが、さらなる考察を要する。
000 000 1 杜恕(とじょ)
000 000 1 杜松(としょう)
000 000 1 杜軫(としん)
000 000 1 杜度(とたく) ※後漢(ごかん)の章帝(しょうてい)に仕えた斉国相(せいこくのしょう)。草書(そうしょ)の名人でもあった。
000 000 1 杜長(とちょう)
000 000 1 杜通(ととう)

000 000 1 杜徳(ととく)
000 000 1 杜伯(とはく)
278 091 1 杜微(とび)
000 000 1 杜斌(とひん)
000 000 1 杜普(とふ)
000 084 0 杜甫(とほ) ※杜工部(とこうぶ)ともある。唐代(とうだい。盛唐〈せいとう〉)の大詩人。
000 000 1 杜保(とほ)
000 048 0 杜牧(とぼく) ※杜牧之(とぼくし)ともある。唐末(晩唐〈ばんとう〉)の詩人。
000 000 1 杜密(とみつ)
000 000 1 杜黙(ともく)

000 000 1 杜友(とゆう)
000 000 1 杜祐(とゆう)
000 120 1 杜預(とよ。どよ) ※慣例として「どよ」と読まれるとのこと。
000 000 1 杜陽(とよう)
000 000 1 杜理(とり)
251 082 1 杜路(とろ)
000 000 1 冬逢(とうほう)
000 000 1 当(とう) ※曹洪(そうこう)の乳母(うば)。
000 000 1 投鹿侯(とうろくこう) ※鮮卑(せんぴ)の檀石槐(たんせきかい)の父。
000 000 1 宕蕈(とうしん) ※魏の曹叡配下の守善羌侯(しゅぜんきょうこう)。

000 000 1 東園公(とうえんこう) ※「商山四皓(しょうざんしこう)」と呼ばれた漢初(かんしょ)の隠者のひとり。
000 000 1 東戸季子(とうこきし)
000 000 1 東平王(とうへいおう) ※呉(ご)の孫晧(そんこう)の息子。
000 000 1 東方安世(とうほうあんせい) ※棊(き。遊戯の一種)の打ち手。
000 000 1 東方朔(とうぼうさく) ※前漢(ぜんかん)の武帝(ぶてい)に仕えた朝臣。『神異経(しんいけい)』の撰者(せんじゃ)。射覆(せきほく。当て物)に巧みだった。
000 000 1 東明(とうめい) ※高離王(こうりおう。索離王〈さくりおう〉)の息子。のち夫余(ふよ)の地に都を置き王となった。
000 000 1 東野子(とうやし)
000 000 1 東里袞(とうりこん)
000 000 1 唐挙(とうきょ)
000 000 1 唐固(とうこ)

000 000 1 唐衡(とうこう)
000 004 0 唐氏(とうし) ※後漢の少帝(しょうてい。劉辯〈りゅうべん。劉弁〉の正室。のち弘農王妃(こうのうおうひ)。
000 108 1 唐咨(とうし)
000 001 0 唐周(とうしゅう)
000 000 1 唐叔(とうしゅく)
000 000 1 唐盛(とうせい)
000 000 1 唐珍(とうちん)
000 000 1 唐蹏(とうてい) ※羌族(きょうぞく)。
000 120 1 唐彬(とうひん)
000 000 1 唐譜(とうふ)

000 113 0 党均(とうきん)
000 000 1 堂谿典(どうけいてん) ※曹騰(そうとう)の推挙を受けた人物のひとり。
000 000 1 晋の悼公(しんのとうこう)
271 089 1 盗跖(とうせき) ※春秋(しゅんじゅう)時代の人。兄の柳下恵(りゅうかけい)は賢者として名を残したが、彼は大泥棒として名を残した。
000 011 1 陶応(とうおう)
000 000 1 陶丘一(とうきゅういつ)
000 000 1 陶丘洪(とうきゅうこう)
025 005 1 陶謙(とうけん)
000 000 1 陶璜(とうこう)
000 120 1 陶濬(とうしゅん)

000 000 1 陶升(とうしょう) ※平漢(へいかん)ともある。張角(ちょうかく)に続いて挙兵した賊の頭目のひとり。もとは内黄(ないこう。地名)の下役人だった。
000 011 1 陶商(とうしょう)
127 060 1 殷の湯(いんのとう) ※殷の創業者。湯王。
000 000 1 董安于(とうあんう)
000 000 1 董黯(とうあん)
259 085 1 董允(とういん)
000 000 1 董栄(とうえい)
000 000 1 董越(とうえつ)
201 064 1 董和(とうか)A ※董允の父。
000 000 1 董和(とうか)B ※魏の彭城王(ほうじょうおう。曹拠〈そうきょ〉)配下の司馬(しば)。

000 000 1 董和(とうか)C ※魏の曹操配下の廬江参軍(ろこうさんぐん)。
000 000 1 董艾(とうがい)
000 000 1 董恢(とうかい)
220 071 0 董紀(とうき)
229 000 0 董起(とうき)
000 000 1 董箕(とうき)
279 092 0 董禧(とうき)
000 000 1 董季中(とうきちゅう)
000 000 1 董遇(とうぐう)
000 000 1 董君雅(とうくんが) ※董擢(とうてき)・董卓(とうたく)・董旻(とうびん)の父。

000 000 1 董経(とうけい)
278 087 1 董厥(とうけつ)
000 000 1 董宏(とうこう)A ※前漢の哀帝(あいてい)に仕えた朝臣。
000 000 1 董宏(とうこう)B ※董允の孫。
035 008 1 董璜(とうこう)
227 074 1 董衡(とうこう)
000 000 1 董氏(とうし)A ※郭永(かくえい)の妻。魏の曹丕(そうひ)の皇后だった郭氏(かくし)Bの母。堂陽君(どうようくん)。
017 002 1 董氏(とうし)B ※後漢の霊帝の母。解瀆亭侯(かいとくていこう)の劉萇(りゅうちょう)の夫人。孝仁董皇后(こうじんとうこうごう)。
095 006 0 董氏(とうし)C ※後漢の献帝(けんてい)の側室。董貴人(とうきじん)。董承(とうしょう)の娘。
000 000 1 董氏(とうし)D ※馬超(ばちょう)の妾(めかけ)。

000 000 1 董嗣(とうし)
059 015 1 董襲(とうしゅう)
048 013 1 董承(とうしょう)
050 014 1 董昭(とうしょう)
000 000 1 董岑(とうしん)
000 105 1 董尋(とうじん)
000 000 1 董綏(とうすい)
011 001 1 董卓(とうたく)
000 000 1 董仲舒(とうちゅうしょ) ※前漢の武帝時代の儒学者。
000 000 1 董仲連(とうちゅうれん)

000 000 1 董种(とうちゅう)
000 000 1 董胄(とうちゅう)
000 002 0 董重(とうちょう)
000 113 1 董朝(とうちょう)
000 074 1 董超(とうちょう)
000 000 1 董擢(とうてき)
000 000 1 董桃(とうとう)
264 087 0 董荼那(とうとな) ※吉川『三国志』では董荼奴(とうとぬ)とある。
000 000 1 董巴(とうは)
000 000 1 董白(とうはく) ※董卓の孫娘。渭陽君(いようくん)。

000 000 1 董弼(とうひつ)
021 003 1 董旻(とうびん)
000 000 1 董扶(とうふ)
000 000 1 董芬(とうふん)
000 000 1 董奉(とうほう) ※仙人。
000 000 1 董訪(とうほう)
000 000 1 董蒙(とうもう)
000 000 1 僮芝(とうし)
000 000 1 銅鞮侯(どうていこう) ※早くに両親を亡くした郭氏(かくし)Bが、召使いとして仕えていたことがあるという人物。
000 108 1 滕胤(とういん)

000 000 1 滕氏(とうし) ※呉の孫晧の正室。滕皇后。
000 120 1 滕脩(とうしゅう) ※滕循(とうじゅん)ともある。『三国志演義』では「滕修」とある。
000 000 1 滕耽(とうたん)
000 000 1 滕胄(とうちゅう)
000 000 1 滕牧(とうぼく) ※滕密(とうみつ)ともある。
000 043 1 鄧禹(とうう)
000 107 1 鄧艾(とうがい)
000 000 1 鄧凱(とうかい)
123 040 1 鄧義(とうぎ) ※鄧羲ともある。
000 000 1 鄧玄之(とうげんし)

284 094 1 鄧賢(とうけん)A ※孟達(もうたつ)の甥。
191 060 1 鄧賢(とうけん)B ※劉璋(りゅうしょう)配下の部将。
000 000 1 鄧句(とうこう)
000 000 1 鄧行(とうこう)
000 000 1 鄧子孝(とうしこう)
000 000 1 鄧氏(とうし) ※後漢の和帝(かてい)の正室。和熹鄧皇后(かきとうこうごう)。
204 065 1 鄧芝(とうし)
000 000 1 鄧騭(とうしつ)
000 000 1 鄧遵(とうじゅん)
000 000 1 鄧升(とうしょう)

000 000 1 鄧晨(とうしん)
000 000 1 鄧生(とうせい)
000 000 1 鄧済(とうせい)
000 000 1 鄧静(とうせい)
000 000 1 鄧千秋(とうせんしゅう)
000 111 1 鄧忠(とうちゅう)
000 113 0 鄧程(とうてい)
000 000 1 鄧展(とうてん)
000 000 1 鄧当(とうとう)
000 000 1 鄧通(とうとう) ※前漢の文帝(ぶんてい)に仕えた美男の小姓(こしょう)。

000 097 1 鄧銅(とうどう)
000 000 1 鄧韜(とうとう)
000 115 0 鄧敦(とうとん)
000 000 1 鄧輔(とうほ)
000 000 1 鄧方(とうほう)
010 001 0 鄧茂(とうぼう)
000 000 1 鄧由(とうゆう)
000 106 1 鄧颺(とうよう)
000 118 1 鄧良(とうりょう)
136 038 1 鄧龍(とうりょう) ※『三国志演義』では鄧竜とある。

000 000 1 鄧朗(とうろう)
000 033 1 蹋頓(とうとつ) ※烏丸(うがん)の丘力居(きゅうりききょ)の従子(おい)。優れた武略をもって3郡(遼西〈りょうせい〉・遼東〈りょうとう〉・右北平〈ゆうほくへい〉)の烏丸族をまとめた。
000 000 1 騊(とう) ※王莽(おうもう)の時代の句麗侯(くりこう。高句麗侯〈こうくりこう〉)。
000 000 1 竇嬰(とうえい)
000 000 1 竇嘉(とうか)
000 001 1 竇武(とうぶ)
000 000 1 竇茂(とうぼう) ※興和(こうか)の氐族(ていぞく)の王。
000 000 1 竇融(とうゆう) ※王莽の時代から後漢の初めにかけ、河西(かせい)に独立した勢力を保った人物。のち後漢の光武帝(こうぶてい)に帰順した。
000 000 1 竇礼(とうれい)
000 000 1 禿瑰来(とくかいらい) ※貲虜(しりょ。部族名?)の大人(たいじん)。

000 000 1 得来(とくらい) ※句驪(くり。高句麗)の位宮(いきゅう)配下の沛者(はいしゃ。官名)。
013 002 0 督郵(とくゆう) ※本来は官名だが、吉川『三国志』、『三国志演義』とも人物の姓名ではなく督郵として登場。
000 000 1 犢犨(とくしゅ)
000 000 1 咄帰(とっき) ※烏丸大人(うがんたいじん)の戎末廆(じゅうばつかい)の配下。
000 000 1 頓子献(とんしけん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
た行 人物一覧
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました