「し」から始まる三国志の登場・関連人物一覧(2)

こちらには徐氏(じょし)や諸葛氏(しょかつし)などが含まれます。

左から吉川『三国志』『三国志演義』正史『三国志』の登場状況、姓名などの順。
吉川『三国志』『三国志演義』は初登場した話(回)。「000」は登場せず。
正史『三国志』は「0…登場せず」「1…登場人物」「2…関連人物」に分類。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「し」から始まる収録人物(2)は375名

036 008 1 舜(しゅん) ※虞舜(ぐしゅん)や大舜(たいしゅん)などともある。堯(ぎょう)から天下を譲られた古代の聖天子(せいてんし)。
000 029 1 漢の順帝(かんのじゅんてい)
000 000 1 準(じゅん) ※朝鮮王(ちょうせんおう)。否(ひ)の息子。
000 000 1 雋不疑(しゅんふぎ) ※前漢(ぜんかん)時代の名臣。
246 000 1 女英(じょえい) ※堯の娘。姉の娥皇(がこう)とともに舜に嫁いだ。
000 000 1 女尚(じょしょう) ※魏(ぎ)の曹芳(そうほう)に仕えた女官。
000 000 1 如淳(じょじゅん) ※誰かの異称の可能性もあり、カブっているかも?
000 000 1 汝超(じょちょう) ※蜀(しょく)の劉禅(りゅうぜん)配下の益州別駕(えきしゅうべつが)。
000 000 1 杵臼(しょきゅう) ※春秋(しゅんじゅう)時代の人。趙氏(ちょうし)を滅亡から救った。
119 032 1 沮鵠(しょこく)

025 007 1 沮授(しょじゅ)
000 000 1 沮宗(しょそう)
000 000 1 苴羅侯(しょらこう) ※鮮卑(せんぴ)の軻比能(かひのう)の弟。
000 000 1 徐逸(じょいつ)
000 000 1 徐胤(じょいん)
000 000 1 徐英(じょえい) ※董卓(とうたく)配下の中郎将(ちゅうろうしょう)。曹操(そうそう)を滎陽(けいよう)で打ち負かしたこともある。
029 006 1 徐栄(じょえい)
000 000 1 徐奕(じょえき)
000 000 1 徐和(じょか) ※黄巾賊(こうきんぞく)。
000 000 1 徐楷(じょかい)

000 000 1 徐蓋(じょがい)
000 000 1 徐幹(じょかん)
000 000 1 徐季龍(じょきりょう)
000 000 1 徐旗(じょき)
000 000 1 徐箕(じょき) ※どうやら徐質(じょしつ)Bと同一人物らしい。
000 000 1 徐毅(じょき)
000 000 1 徐翕(じょきゅう)
084 021 1 徐璆(じょきゅう)
000 000 1 徐矯(じょきょう)
000 000 1 徐欽(じょきん)

000 022 1 徐勛(じょくん)
000 000 1 徐元(じょげん)
000 000 1 徐元賢(じょげんけん)
000 000 1 徐原(じょげん)
000 000 1 徐顧(じょこ)
048 013 1 徐晃(じょこう)
127 036 0 徐康(じょこう)
000 022 1 徐璜(じょこう)
000 000 1 徐琨(じょこん)
000 000 1 徐粲(じょさん)

000 000 1 徐氏(じょし)A ※魏の曹丕(そうひ)の側室。徐姫(じょき)。
000 108 1 徐氏(じょし)B ※呉(ご)の孫権(そんけん)の側室。徐夫人。
135 038 1 徐氏(じょし)C ※孫翊(そんよく)の妻。貞節(ていせつ)を守ったことで有名。
000 000 1 徐氏(じょし)D ※龐娥親(ほうがしん)の隣人。
000 000 1 徐氏(じょし)E ※呂安(りょあん)の妻。
000 109 1 徐質(じょしつ)A ※魏の曹芳配下の討蜀護軍(とうしょくごぐん)。
000 000 1 徐質(じょしつ)B ※魏の曹丕配下の利成太守(りせいたいしゅ)。どうやら徐箕と同一人物らしい。
000 000 1 徐孺子(じょじゅし) ※徐穉(じょち)のこと。豫章(よしょう)の先賢。党錮(とうこ)の人々から尊敬を集めた。
000 000 1 徐衆(じょしゅう) ※『三国評(さんごくひょう)』『異同評(いどうひょう)』の撰者(せんじゃ)。
000 000 1 徐揖(じょしゅう)

124 035 1 徐庶(じょしょ) ※「徐福(じょふく)」ともある。
127 036 1 徐庶の母(じょしょのはは)
234 076 1 徐商(じょしょう)
000 000 1 徐紹(じょしょう)
000 000 1 徐詳(じょしょう)
000 000 1 徐真(じょしん)
135 038 1 徐盛(じょせい)
000 000 1 徐宣(じょせん)
000 000 1 徐祚(じょそ)
000 000 1 徐宗(じょそう)

000 000 1 徐存(じょそん)
000 000 1 徐他(じょた) ※徐佗ともある。曹操に随行していた兵士で、反乱を企てたものの失敗。
000 000 1 徐忠(じょちゅう)
000 000 1 徐超(じょちょう)
000 000 1 徐統(じょとう)
000 000 1 徐霸(じょは)
000 000 1 徐邈(じょばく)
000 000 1 徐彪(じょひゅう)
000 000 1 徐武(じょぶ)
000 000 1 徐市(じょふつ) ※徐福(じょふく)ともある。秦(しん)の始皇帝(しこうてい)の援助を受け、東海(とうかい)の神山(しんざん)を探検したという人物。

000 000 1 徐平(じょへい)
000 000 0 徐奉(じょほう) ※『三国志演義』の嘉靖本(かせいぼん)に登場。
000 000 1 徐陵(じょりょう)
000 000 1 舒邵(しょしょう)
000 000 1 舒燮(しょしょう)
000 000 1 舒伯膺(しょはくよう)
000 000 1 諸葛壱(しょかついつ)
000 000 1 諸葛恢(しょかつかい)
291 098 1 諸葛恪(しょかつかく)
000 000 1 諸葛喬(しょかつきょう)

129 036 1 諸葛均(しょかつきん)
113 029 1 諸葛瑾(しょかつきん)
000 000 1 諸葛京(しょかつけい)
113 036 1 諸葛珪(しょかつけい)
113 036 1 諸葛玄(しょかつげん)
000 000 1 諸葛建(しょかつけん)
214 069 1 諸葛原(しょかつげん)
257 085 1 諸葛虔(しょかつけん)
000 000 1 諸葛顕(しょかつけん)
129 000 0 諸葛氏(しょかつし)A ※諸葛瑾や諸葛亮らの妹。

諸葛氏Aについての補足。『三国志演義』ではその存在に触れられていないようなので、吉川『三国志』のオリジナル設定かも?

正史『三国志』では裴松之注(はいしょうしちゅう)に引かれた習鑿歯(しゅうさくし)の『襄陽記(じょうようき)』に、「龐山民(ほうさんみん)が諸葛亮の下の姉を娶った」という記述があった。ここからは諸葛亮にふたりの姉がいたことがうかがえるが――。

000 000 1 諸葛氏(しょかつし)B ※張承(ちょうしょう)Bの妻。諸葛瑾の娘。
000 000 1 諸葛綽(しょかつしゃく)
000 116 1 諸葛緒(しょかつしょ)
000 117 1 諸葛尚(しょかつしょう)
000 000 1 諸葛竦(しょかつしょう)
000 000 1 諸葛璋(しょかつしょう)
000 111 1 諸葛靚(しょかつせい)
000 000 1 諸葛詮(しょかつせん)
000 105 1 諸葛瞻(しょかつせん)
000 110 1 諸葛誕(しょかつたん)

000 000 1 諸葛沖(しょかつちゅう)
000 000 1 諸葛直(しょかつちょく)
000 000 1 諸葛玫(しょかつばい)
000 000 1 諸葛攀(しょかつはん)
128 036 1 諸葛豊(しょかつほう) ※前漢の元帝(げんてい)に仕えた司隷校尉(しれいこうい)。諸葛瑾や諸葛亮らの遠祖。
000 000 1 諸葛融(しょかつゆう)
113 009 1 諸葛亮(しょかつりょう)
000 000 2 上官安(じょうかんあん)
000 000 1 上官桀(じょうかんけつ)
000 000 1 上官子脩(じょうかんししゅう)

000 000 1 上官崇(じょうかんすう)
278 091 1 上官雝(じょうかんよう) ※吉川『三国志』、『三国志演義』とも官雝(かんよう)とある。
000 011 0 上帝(じょうてい) ※神様。
000 000 1 仍弩(じょうど) ※合浦(ごうほ)の不服従民の頭目。呉の孫権配下の鍾離牧(しょうりぼく)の討伐を受けて降伏した。
000 000 1 少康(しょうこう) ※夏(か)王朝の君主。
017 002 1 漢の少帝(かんのしょうてい)
000 000 1 召虎(しょうこ) ※召伯虎(しょうはくこ)ともある。周の宣王(せんおう)に仕えた賢臣。召(しょう)の穆公(ぼくこう)。
000 020 1 召公(しょうこう) ※邵康公(しょうこうこう)、召伯(しょうはく)、邵公などともある。周の武王(ぶおう)の弟。
247 080 1 向挙(しょうきょ)
000 000 1 向充(しょうじゅう)

000 000 1 向秀(しょうしゅう)
000 000 1 向条(しょうじょう)
000 000 1 向存(しょうそん)
278 091 1 向寵(しょうちょう)
000 000 1 向雄(しょうゆう)
199 063 1 向朗(しょうろう)
000 000 1 劭提(しょうてい) ※異民族。
000 120 1 尚広(しょうこう)
000 013 1 尚弘(しょうこう)
000 000 1 承宮(しょうきゅう)

000 067 0 昌奇(しょうき)
071 018 1 昌豨(しょうき) ※昌霸(しょうは)ともある。
000 000 1 邵信臣(しょうしんしん)
000 000 1 邵疇(しょうちゅう)
000 115 1 邵悌(しょうてい)
000 000 1 邵登(しょうとう) ※魏の太楽丞(たいがくじょう)。杜夔(とき)の弟子。
000 000 1 邵南(しょうなん)
000 000 1 邵瑁(しょうぼう)
129 000 1 燕の昭王(えんのしょうおう)
000 000 1 秦の昭王(しんのしょうおう)

000 000 1 楚の昭王(そのしょうおう)
000 000 1 昭奚恤(しょうけいじゅつ)
000 000 1 鄭の昭公(ていのしょうこう) ※忽(こつ)ともある。
000 114 1 魯の昭公(ろのしょうこう)
000 000 1 漢の昭帝(かんのしょうてい)
000 000 1 昭平君(しょうへいくん) ※前漢の武帝(ぶてい)の孫。
000 000 1 昭霊皇后(しょうれいこうごう) ※前漢の高祖(こうそ)の父の夫人。
241 000 1 相夫人(しょうふじん) ※もと甘陵国相(かんりょうこくのしょう)の夫人。「相氏」が姓ではない。
204 000 1 商鞅(しょうおう) ※商子(しょうし)ともある。戦国(せんごく)時代の人。法家の思想家。
000 000 1 商瞿(しょうく)

000 000 1 商升(しょうしょう)
000 000 1 商容(しょうよう)
000 000 1 商曜(しょうよう)
000 000 1 常忌(じょうき)
000 000 1 常璩(じょうきょ)
000 000 1 常俱(じょうく) ※山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)の頭目のひとり。呉の孫権配下の鍾離牧の討伐を受けて降伏した。
000 000 1 常洽(じょうこう)
000 000 1 常旹(じょうじ)
000 000 1 常静(じょうせい)
257 085 1 常雕(じょうちょう)

000 000 1 常播(じょうは)
000 000 1 常伯先(じょうはくせん)
000 000 1 常房(じょうぼう)
000 000 1 常林(じょうりん)
000 000 1 章誑(しょうきょう) ※劉備配下の司馬(しば)。
000 000 1 章子(しょうし) ※戦国時代の人。斉の威王(いおう)に仕えた将軍。
129 000 0 章氏(しょうし) ※諸葛珪(しょかつけい)の後妻。
000 059 1 漢の章帝(かんのしょうてい)
000 000 1 章陵王(しょうりょうおう) ※呉の孫晧(そんこう)の息子。
000 000 1 椒挙(しょうきょ)

000 119 1 焼戈(しょうか) ※羌族(きょうぞく)。『三国志演義』では羌人の大将の俄何焼戈(がかしょうか)として登場。
000 000 1 焦已(しょうい)
000 112 1 焦彝(しょうい)
000 000 1 焦延寿(しょうえんじゅ) ※前漢時代の学者。
000 000 1 焦和(しょうか)
000 000 1 焦矯(しょうきょう)
000 000 1 焦璜(しょうこう)
000 000 1 焦子文(しょうしぶん)
000 000 1 焦勝(しょうしょう)
120 033 1 焦触(しょうしょく)

000 000 1 焦先(しょうせん) ※蝸牛廬(かぎゅうろ。カタツムリ型の小屋)に住んでいたという隠者。
000 114 1 焦伯(しょうはく)
222 071 0 焦炳(しょうへい)
000 000 1 楚の葉公(そのしょうこう)
000 000 1 象(しょう) ※舜(しゅん)の弟。
000 000 1 種(しょう) ※春秋時代の人。越王(えつおう)の句践(こうせん)に仕えた忠臣。
000 000 1 宋の殤公(そうのしょうこう) ※与夷(よい)ともある。
000 000 1 蔣壱(しょういつ)
000 108 1 蔣延(しょうえん)
204 063 1 蔣琬(しょうえん)

000 000 1 蔣凱(しょうかい)
152 045 1 蔣幹(しょうかん)
115 030 1 蔣奇(しょうき)
116 031 0 蔣義渠(しょうぎきょ) ※吉川『三国志』では義渠とある。
000 000 1 蔣休(しょうきゅう)
055 015 1 蔣欽(しょうきん)
000 000 1 蔣詡(しょうく)
000 118 1 蔣顕(しょうけん)
000 000 1 蔣康(しょうこう)
000 000 1 蔣纂(しょうさん)

000 000 1 蔣秀(しょうしゅう)
000 000 1 蔣脩(しょうしゅう)
000 112 1 蔣舒(しょうしょ)
231 075 1 蔣済(しょうせい)
000 000 1 蔣石(しょうせき)
000 112 1 蔣班(しょうはん)
000 000 1 蔣秘(しょうひ)
000 113 1 蔣斌(しょうひん)
000 009 0 蔣雄(しょうゆう)
000 112 0 蔣林(しょうりん)

078 020 1 蕭何(しょうか)
000 000 1 蕭敬文(しょうけいぶん)
000 000 1 蕭建(しょうけん)
000 000 1 蕭望之(しょうぼうし) ※蕭生(しょうせい)ともある。前漢の宣帝(せんてい)に仕えた少府(しょうふ)。
000 000 1 魏の襄王(ぎのじょうおう)
000 014 1 周の襄王(しゅうのじょうおう)
000 000 1 斉の襄王(せいのじょうおう)
036 008 0 楚の襄王(そのじょうおう)
000 000 1 襄楷(じょうかい) ※方士。
000 000 1 晋の襄公(しんのじょうこう)

000 000 1 斉の襄公(せいのじょうこう)
000 000 1 宋の襄公(そうのじょうこう)
000 000 1 魯の襄公(ろのじょうこう)
000 000 1 擾龍宗(じょうりょうそう) ※後漢(ごかん)の献帝(けんてい)に仕えた侍御史(じぎょし)。
000 000 1 聶壱(じょういつ)
000 000 1 聶夔(じょうき)
000 000 1 聶政(じょうせい) ※戦国時代の人。韓相(かんしょう)の俠累(きょうるい)を刺殺した。
000 000 1 聶友(じょうゆう)
000 000 1 譙熙(しょうき)
000 000 1 譙賢(しょうけん)

000 000 1 譙秀(しょうしゅう)
225 065 1 譙周(しょうしゅう)
000 000 1 譙同(しょうどう)
000 000 1 譙?(しょう?) ※譙周の父。「?」は「山+幷」という文字だが、読み方は未詳とある。
000 107 1 鍾毓(しょういく)
000 000 1 鍾演(しょうえん)
000 107 1 鍾会(しょうかい)
000 000 1 鍾儀(しょうぎ)
000 000 1 鍾毅(しょうき)
000 000 1 鍾覲(しょうき)

000 000 1 鍾皓(しょうこう)
000 000 1 鍾子期(しょうしき) ※伯牙(はくが)の弾く琴の意を即座に理解したという人物。
000 000 1 鍾峻(しょうしゅん)
000 000 1 鍾駿(しょうしゅん)
000 000 1 鍾劭(しょうしょう)
182 058 0 鍾進(しょうしん)
144 041 0 鍾紳(しょうしん)
144 041 0 鍾縉(しょうしん)
000 000 1 鍾迪(しょうてき)
000 000 1 鍾辿(しょうてん)

000 000 1 鍾敷(しょうふ)
000 000 1 鍾瑜(しょうゆ)
000 000 1 鍾豫(しょうよ)
000 000 1 鍾邕(しょうよう)
177 056 1 鍾繇(しょうよう)
000 000 1 鍾離意(しょうりい) ※前漢の明帝(めいてい)に仕えた魯国相(ろこくのしょう)。鍾離牧(しょうりぼく)の遠祖。
000 000 1 鍾離禕(しょうりい)
000 000 1 鍾離駰(しょうりいん)
000 065 0 鍾離春(しょうりしゅん) ※『三国志演義』では無塩(ぶえん)として登場。無塩は戦国時代の斉(せい)の地名。
000 000 1 鍾離徇(しょうりじゅん)

000 000 1 鍾離緒(しょうりしょ)
000 000 1 鍾離盛(しょうりせい)
000 000 1 鍾離斐(しょうりひ)
000 000 1 鍾離茂(しょうりぼう)
000 000 1 鍾離牧(しょうりぼく)
000 000 1 饒助(じょうじょ) ※呉の孫権配下の襄安県長(じょうあんけんちょう)。
225 079 1 申儀(しんぎ)
000 000 1 申公(しんこう) ※前漢時代の人。武帝に招かれた魯詩(ろし)の学者。
000 000 1 申后(しんこう) ※周の宣王(せんおう)の后(きさき)。
000 000 1 申叔時(しんしゅくじ)

137 039 1 申生(しんせい) ※春秋時代の人。晋(しん)の献公(けんこう)の息子で重耳(ちょうじ。のちの晋の文公〈ぶんこう〉)の兄。
225 073 1 申耽(しんたん)
000 000 1 申徒(しんと)
000 000 1 申伯(しんはく) ※周の宣王の外戚。申后の父。
000 000 1 申不害(しんふがい) ※戦国時代の人。法家の思想家。
000 000 1 申包胥(しんほうしょ) ※春秋時代の人。滅亡寸前に追い込まれた楚(そ)のため秦(しん)へ赴き、援軍を得て楚を救った。
000 000 1 申鳴(しんめい)
000 000 1 任安(じんあん) ※高名な儒学者。図讖(としん)の術にも精通していた。
000 000 1 任燠(じんいく)
000 000 1 任奕(じんえき)

000 000 1 任延(じんえん)
000 000 1 任嘏(じんか)
000 000 1 任岐(じんき)
000 069 1 任夔(じんき) ※『三国志演義』では任虁とある。
000 000 1 任光(じんこう)
000 000 1 任昊(じんこう) ※太常(たいじょう)の?晏(?あん。姓は不詳)とある人物。『三国志集解(さんごくししっかい)』では任昊とある。
000 023 0 任座(じんざ)
000 000 1 任氏(じんし) ※魏の曹丕の側室。
068 014 1 任峻(じんしゅん)
000 000 1 任尚(じんしょう) ※後漢の和帝(かてい)に仕えた烏丸校尉(うがんこうい)。

000 000 1 任先(じんせん)
217 000 0 任双(じんそう)
000 000 1 任度(じんたく)
000 000 1 任旐(じんちょう)
000 000 1 任藩(じんはん)
000 000 1 任福(じんふく)
000 000 1 任養(じんよう)
000 000 1 任覧(じんらん)
000 000 1 臣槃(しんはん) ※後漢時代の疏勒王(そろくおう)。
303 102 0 岑威(しんい)

000 120 1 岑昬(しんこん) ※『三国志演義』では岑昏とある。
000 006 1 岑晊(しんしつ)
000 000 1 岑述(しんじゅつ)
000 000 2 岑遵(しんじゅん)
000 032 0 岑璧(しんへき)
090 023 1 岑彭(しんほう) ※後漢の光武帝(こうぶてい)に仕えた功臣。
000 000 1 岑淮(しんわい)
000 120 1 沈瑩(しんえい)
000 000 1 沈珩(しんこう)
000 000 1 沈成(しんせい)

000 000 1 沈弥(しんび)
000 000 1 沈ビン(しんびん。目+昬)
000 000 1 沈友(しんゆう)
000 000 1 辛機(しんき)
000 000 1 辛慶忌(しんけいき) ※後漢の成帝(せいてい)に仕えた左将軍(さしょうぐん)。
000 107 1 辛憲英(しんけんえい) ※辛毗(しんぴ)の娘で辛敞(しんしょう)の姉。羊耽(ようたん)に嫁いだ。
000 107 1 辛敞(しんしょう)
000 000 1 辛冉(しんぜん)
000 000 1 辛韜(しんとう)
118 032 1 辛毗(しんぴ) ※吉川『三国志』では辛毘とある。

116 007 1 辛評(しんぴょう)
115 030 0 辛明(しんめい)
001 000 1 神農(しんのう) ※神皇ともある。古代の聖天子。
999 069 9 信都県令(しんとけんのれい) ※吉川『三国志』と正史『三国志』の登場状況は未確定。
999 069 9 信都県令の妻(しんとけんれいのつま) ※吉川『三国志』と正史『三国志』の登場状況は未確定。
999 069 9 信都県令の息子(しんとけんれいのむすこ) ※吉川『三国志』と正史『三国志』の登場状況は未確定。
000 000 1 晋公(しんこう) ※おそらく誰かとカブっていると思われるが探し出せず。
000 000 1 晋侯(しんこう) ※おそらく誰かとカブっていると思われるが探し出せず。
000 000 1 晋宗(しんそう) ※呉の孫権配下の部将だったが魏に寝返る。しかし、のち孫権配下の賀斉(がせい)に捕らえられた。
000 000 1 秦牙(しんが) ※馬の鑑定の名人。

000 000 1 秦開(しんかい)
108 027 0 秦琪(しんき)
000 000 1 秦宜禄(しんぎろく)
093 023 1 秦慶童(しんけいどう) ※吉川『三国志』では慶童とある。
000 000 1 秦絜(しんけつ)
000 000 1 秦晃(しんこう)
000 000 1 秦氏(しんし) ※魏の曹操(そうそう)の側室。秦夫人。
000 000 1 秦秀(しんしゅう)
000 000 1 秦松(しんしょう)
000 000 1 秦静(しんせい)

000 000 1 秦旦(しんたん)
000 000 1 秦博(しんはく)
248 065 1 秦宓(しんふく)
000 102 0 秦明(しんめい)
000 000 1 秦翊(しんよく)
295 100 0 秦良(しんりょう)
302 102 1 秦朗(しんろう)
000 000 1 秦狼(しんろう)
000 000 1 慎氏(しんし) ※前漢の文帝(ぶんてい)の側室。慎夫人。
000 000 1 甄イ(しんい。華+韋)

000 000 1 甄逸(しんいつ) ※甄氏Aの父。敬侯(けいこう)。
000 000 1 甄栄(しんえい)
000 000 1 甄豔(しんえん)
000 000 1 甄温(しんおん)
000 000 1 甄邯(しんかん)
000 000 1 甄喜(しんき)
000 000 1 甄毅(しんき)
000 000 1 甄姜(しんきょう)
000 000 1 甄堯(しんぎょう)
000 000 1 甄儼(しんげん)

000 000 1 甄黄(しんこう)
000 000 1 甄子然(しんしぜん) ※北海(ほっかい)の人。孝行で評判だったが早くに亡くなった。
120 033 1 甄氏(しんし)A ※魏の曹丕のもと正室。文昭甄皇后(ぶんしょうしんこうごう)。
000 000 1 甄氏(しんし)B ※魏の曹芳のもと正室。懐甄皇后(かいしんこうごう)。
000 000 1 甄紹(しんしょう)
000 000 1 甄像(しんしょう)
000 000 1 甄脱(しんだつ)
000 000 1 甄暢(しんちょう)
000 000 1 甄道(しんどう)
000 000 1 甄豫(しんよ)

119 032 1 審栄(しんえい)
000 000 1 審固(しんこ)
000 000 1 審悳(しんとく)
025 013 1 審配(しんぱい)
000 000 1 鍼叔(しんしゅく) ※叔牙(しゅくが)ともある。春秋時代の人。魯(ろ)の季友(きゆう)の兄。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さ行 人物一覧
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました